ビットコインが高騰し46万円超え!全市場の46%を日本が取引している

ビットコイン


ビットコインはこの2日で連続過去最高を記録し469,000円の価格になり47万円にもなりそうな勢いを見せている。米メディアが4,184ドルを超えたと報道したり、日本でもメディアや日経新聞が連日のビットコインを報道しているのも要因でもある。取引の割合としては、日本が46%、アメリカが22%、韓国が13%、中国が12%と日本の市場が盛り上がっているのが分かる。仮想通貨が金と同じ位置づけで投資家達に「安定資産」として認められた証拠だと専門家は語っています。ビットコインの取引量は 1,600億円を超えたようでCoincheck(コインチェック)やbitFlyer(ビットフライヤー)の新規登録も急増しているとのこと。日本時間の8月1日にビットコイン(BTC)にハードフォークが発生し、ビットコインキャッシュ(BCC)が新たに運用を開始されてブロックチェーン容量を変えれば従来のビットコインが使用出来なくなるのを防ぐために分裂、ビットコイン運用に発言権を持つマイナー(採掘者)たちの間で取り決められたのがSegwit(Segrageted witness)と称する仕組みの導入により更に注目された。このままのビットコインバブルで価格が50万円に突入する日も近いでしょうね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧