楽天が仮想通貨取引所「みんなのビットコイン」を買収し本格参入!

ビットコイン, 仮想通貨(暗号通貨)


日本最大級のネット通販で知られる「楽天グループ」は2018年8月31日、連結子会社の楽天カード株式会社を通じて、「みんなのビットコイン」の全株式5,100株を取得し、2億6,500万円で買収することが明らかになった。取得株式数は5,100株(100%)で、株式譲渡実行予定日は2018年10月1日になる模様です。主力のEC事業だけでなくトラベル、デジタルコンテンツ、インターネットサービス、クレジットカード関連サービスをはじめとする銀行、証券、保険、電子マネーといったFinTech(金融)サービスにおいて独自の経済圏「楽天エコシステム(経済圏)」を確立している。また楽天は子会社のViberを通じて、ブロックチェーン技術を利用しロシアで独自通貨「楽天コイン」を発行することを発表しています。

「(楽天は)アマゾンとは非常に異なります。基本的に、弊社のコンセプトは小売業者と購入者のネットワークを再構築することです。弊社は顧客から切り離さないように、触媒として機能します。これは私たちの哲学です。単に社会に力を与えてより多くの利便性を提供するだけではありません。」

楽天のプレスリリースはこちら
【みんなのビットコイン株式会社の株式取得に関するお知らせ】

今回の買収により、暗号通貨の市場が盛り上がることは間違いありません。今後の展開を期待しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧